title

ナイピルを通販や購入方法、通販サイトの選び方などをお教えします

ナイピルの通販について

バイアグラ

アフターピルを購入するには、病院に行って医師に処方してもらう必要があります。

しかし、海外製のアフターピルなら個人輸入をすれば医師の処方なく購入することができます。

海外では日本に比べて女性がピルを服用することが一般的なので、たくさんの種類のピルが販売されています。海外製品が心配だという方もすくなくないかと思いますが、海外で開発されたものが日本に遅れて入ってくることがほとんどで、製品を選べばまったく心配ありません。

現在、海外製品で人気のあるアフターピル、「ナイピル」についてご紹介します。

ナイピルの個人輸入方法はとても簡単で、インターネット上から普段の通販を利用するのと同じように購入できる上、安く手に入れることが可能です。

ナイピルの通販購入方法や通販サイトの選び方

日本では、アフターピルなどの医薬品を医師の処方なく購入することはできません。

処方箋医薬品という分類の医薬品は、通販などで販売することができないからです。

アフターピルには処方箋医薬品に分類されたプラノバール錠と、ノルレボ錠が入っています。日本製のアフターピルを手に入れたいのであれば、病院に行くほかありません。

病院に行かずにどうしてもアフターピルを手に入れたいという場合は、海外製のアフターピルを個人輸入しましょう。これは違法ではなく、厚生労働省によって定められている合法的な方法です。

海外製の中でも現在人気になっているアフターピル「ナイピル」であれば、品質はお墨付き。個人輸入は高額な料金が掛かってくるイメージがあるかも知れませんが、ナイピルの個人輸入購入額は病院に行って処方される金額の約10分の1です。

これならアフターピルが欲しいときに、個人輸入を使わない手はありません。

しかし、海外からの取り寄せとなると言葉の壁が立ちはだかってなんだか難しそうに感じるかも知れません。医薬品は専門的な知識がないとどれを選べばいいのかわかりませんし、注文先の販売業者とやり取りをしなければなりません。

そこでご紹介したいのが、“個人輸入代行サイト”です。

代行サイトを利用すれば、個人輸入も通常の通販の利用と同じようにおこなうことができます。日本語の画面から欲しい医薬品を選んで注文すれば、あとの面倒なやりとりはすべて代行サイトがおこなってくれます。はじめて利用する方でも安心です。

ただし、しっかりした個人輸入代行サイトを見極めて利用する必要があります。
トラブルに巻き込まれずに安心してサービスを利用できるように、以下のポイントを押さえた代行サイトを選びましょう。

・違法な薬物を扱っていないサイト
個人輸入でも、麻薬などの違法薬物は当然購入することができません。一部の精神安定薬や睡眠薬なども、輸入が違法になっています。

・クレジットカード会社と契約しているサイト
クレジットとは、英語で「信用」を意味します。社会的に信用のない会社では、クレジットカードを利用することができません。
購入する際に便利になるという意味でも、クレジットカードが使えるサイトを選びましょう。

・サイト内の日本語がおかしくないサイト
医薬品を販売しているサイトの中には、偽物が流通していることがあります。
サイト内の日本語の文章や文字自体が見慣れないもの、違和感のあるサイトは利用しないでください。

通販購入のメリット

個人輸入代行サイトで通販してアフターピルを購入するメリットは、なんといってもその手軽さにあるでしょう。

通常アフターピルを購入するには、病院に足を運ばなければなりません。処方箋が手に入るまでには何時間かかるともわからない上に、処方箋が手に入ってからも調剤薬局へ行かなければ購入できず、それまでに時間も手間も掛かります。

しかしインターネット上から注文してしまえばあとは待つだけの通販は、家に居ながら簡単にアフターピルを購入することができます。

また、通販ならアフターピルを安く購入できるというのも魅力。

なんとその値段は、病院の処方箋を使って購入するものと比べると10分の1という破格です。

日本の病院でもアフターピルとしてナイピルが処方されることも多いので、どうせ同じ商品を手に入れるなら安く購入できる個人輸入を利用したほうが断然おトクです。

日本ではピルのイメージとセックスのイメージが直結しているため、ピルを飲んでいるということすら「恥ずかしい……」と思ってしまう女性も少なくないのではないでしょうか。

病院に行くとピルの処方をお願いした医師や看護師のみならず、地元だと知り合いに出会ってしまいピルを購入しに来たことがバレてしまう可能性があります。

しかし、通販なら誰にもバレることなくアフターピルを手に入れることができます。

郵送される商品は中身がわからないように厳重に包装されていますし、自宅に届けるのがイヤだという場合には郵便局で留めておくこともできます。

そしてピルの中でもとくにアフターピルは、急に必要になることがあります。

セックス後、一定の時間内に服用しなければアフターピルの避妊効果はただしく得られません。そんな時に、通販で購入して常備しておけば安心です。

病院へ行っている間に使用時間のリミットがなくなってしまったら、元も子もありません。

海外ではピルはドラッグストアで購入できるものなので、使用率が非常に高いです。一方日本では処方箋がなければ購入できないようになっているため、使用率が非常に低いです。いわばピル後進国なのです。

アフターピルは女性の身体を守るために作られているため、あなた自身の身体を守る心強い味方になります。手軽に購入するための手段は知っておいたほうがいいでしょう。

個人輸入をする場合は信用できる輸入代行会社を選ぶことがなにより大切です。手軽に購入できると言えど、その点だけはしっかりと見極めて利用しましょう。

通販購入の注意点

個人輸入代行サイトを通して通販すると、手軽に安くアフターピルを手に入れられるのが魅力です。しかし、しっかりとしたリサーチをおこなわずに適当な代行サイトを選んで購入してしまった場合には、リスクもあります。

残念ながら、代行サイトの中には輸入代行をおこなっているとウソを付いている悪徳な業者が存在しています。お金を支払ったのにも関わらず商品がいっこうに届かない場合や、届いたとしても正規のメーカー品を装ったニセモノを届けられてしまうこともあります。

そういったかなしい出来事を避けるために有効なのは、代行サイトについての「口コミ」を確認しておくことです。

口コミは、実際にその代行サイトを利用したことのある方の貴重な体験談です。それぞれの代行サイトについて口コミを寄せているサイトは多数あるため、口コミを見て評価の高い代行サイトを選ぶと安心です。

ただし、代行サイト内にある口コミはそのサイト内部の人間が書き込んでいるサクラの場合があります。外部の批評口コミサイトを利用したリサーチをするほうが、信ぴょう性が高くおすすめです。

販売している薬について、副作用や健康被害が出た場合の対処法などがくわしく記載されていない代行サイトにも気を付けましょう。記載されている内容が本当に合っているかどうかについても、インターネットを使って調べることができます。

一度徹底的にリサーチしておけばあとはずっと同じ代行サイトを利用すればいいので、最初の手間と時間は惜しまないようにしてください。

購入するアフターピルの量にも注意しましょう。

医薬品を海外から個人輸入すること自体は法律で許されていますが、その購入量は「自分で使う分のみ」に限られています。

購入したアフターピルを家族や友人に譲渡したり、ましてや転売することは固く禁止されています。これが明るみになると法律によって処罰の対象になってしまいます。

覚えておかないと、親切心から周囲の女性の分を同時に購入することで法律に引っかかってしまうなんてことも……気を付けましょう。

アフターピルの産婦人科での処方について

デュタスは、成分の開発をしてから作られた先発薬ではなく、ジェネリック薬の一つです。

病院でアフターピルを購入したい場合には、まずお近くの産婦人科に連絡しましょう。

・病院のアフターピルの処方までの流れ

問診をおこなった後に、血圧と体重測定をおこないます。

健康状態のほか、現在服用している薬の有無や既往歴についても書かなければなりません。すばやく書けるように情報は整理しておきましょう。

なお、現在服用している薬の中にアフターピルと同時に服用してはならない薬があった場合や、健康状態に問題がある場合、喫煙者にはアフターピルの処方がおこなわれません。

問診をクリアしたら、アフターピルについての説明を受けます。

アフターピルの効能や副作用、副作用が起きた際の対処法、服用時の注意事項など、アフターピルについてのただしい知識を教えてもらえます。

病院によってはアフターピルについての説明だけで、問診がなくても処方してもらえるところもあります。アフターピルはセックスを終えてから72時間以内に服用をしないと、ただしく効果を得られません。

お急ぎの場合はそういったすばやく処方してくれる病院を探しましょう。ピル外来などと言われるピルに特化した外来がある病院では、比較的はやく処方してもらえるようです。

もしアフターピルを服用しないまますでに72時間を過ぎていたら、病院で妊娠検査などをおこなってもらえるため、不安な方は相談してみましょう。

アフターピルはナイピルに限らず、そのすべてが保険適用外の医薬品です。

病院によって値段もかなりピンきり。女性の身体を守るためのものなのに、財布にまでダメージがあると心まで沈んでしまいます。

たしかに病院に足を運んで医師に説明を受けることで安心感を得られますが、通販を使って購入するよりも10倍にもなる料金を支払わなければならなくなります。

そうならないためにも、あらかじめ使用することを予測して通販でいくつか購入しておくことをおすすめします。

アフターピルは72時間以内の服用で効果が出ると言われてはいますが、やはりなるべく服用したほうが確実で安心です。

まとめ

ナイピルを購入するなら、医師をもらって購入するよりも断然、通販を利用して海外から個人輸入するほうがおトクです。

個人輸入という言葉だけ聞くととても大掛かりで手間が掛かりそうに感じて敬遠していた方もいるのではないでしょうか。

現在はインターネットの普及により個人輸入を代行してくれるサイトもあるため、信用のできる代行サイトを見つけてこの便利なアフターピルの購入方法を活用してください。アフターピル以外でも、いまだ海外にしかない良質な避妊薬などを手に入れることも可能になります。